-卒業生の声22-

浜松西部中 Eさん 浜松南高等学校 合格

私は、スマスタで大切なことを学びました。 3年になった時の私は内申点が足らずに焦っていました。自分の努力次第でなんとでもなることは分かっていましたが、正直努力するのがイヤでした。疲れること、面倒くさいことが嫌いです。でも、それを乗り越えられるかどうかが合否を左右すると思い沢山勉強しました。内申点は4上がり、学調も1回目に比べて2回めは10点以上アップしました。とても嬉しかったです。その時、受験の残りの日々を大切にしようと改めて思いました。でもなかなか自分に自信が持てず、高校なんてどうでもいいやなんて自暴自棄にもなりました。しかし、私を応援してくれている家族やスマスタの先生に申し訳ないと思い、「自分はこんなんじゃない。」と気持ちを奮い立たせて頑張りました。自分の苦手と正面から向き合い、難しい問題にも沢山挑戦しました。心が折れそうな時には、「後悔だけはしたくない。」と何度も何度も自分に呼びかけました。そして第一志望の高校に合格できました。弱い自分に打ち勝つには、弱い自分を直視し受け入れる必要があります。これがスマスタで先生から教わったことです。私は今後も全ての自分を受け入れ直視し、次のステージに向けて頑張ります。

⬅︎卒業生の声-21- 卒業生の声-23-➡