-卒業生の声18-

浜松蜆塚中 Kくん 浜松南高校 合格

僕は中学1年生の時にスマスタへ通い始めました。しかし、部活中心の生活でスマスタでの勉強時間も少なく成績は合計130点代と低空飛行でした。そのため勉強する気もなくなってきて「どこでも入れるとこに進学すればいいか。」と考え始めていました。そんな僕を変えたのは先生の「今からその気になればどうとでもなる。一緒に頑張ろう。」という言葉です。その時から僕は部活と勉強の両立をしようと行動しました。その結果、期末テストで50点以上アップできました。学校の授業をしっかり聞き、スマスタで復習と演習、テスト前にはテスト対策問題は全てチャレンジしました。弱点や苦手な単元をスマスタで見つけて徹底的に潰していきました。中学3年生になって部活が終わってからは、ほぼ毎日スマスタに通い中学1年から3年までの復習を何度も行いました。学調に向けて過去問を解いたり、多くの問題を解いたりして難しい問題にも対処できるようにしました。努力の結果、中学1年の段階では無理だった志望校に入学することができました。これから受験を迎えるみんなに伝えたいことがあります。まず部活と勉強の両立をしてください。すぐにできなくても試みることはとても大事です。次にスマスタにたくさん通ってください。そして通うだけでなく利用してください。何ができていて何ができないのかを洗い出し、質問をたくさんして理解し改善することが成績を上げることの近道です。自分のことを信じて最後まで諦めずに日々の学習を頑張ってください。

追記:
大変お世話になりました。入塾した当時では考えられなかった高校に合格することができました。これも日々先生の温かい励ましがあったからだと思っております。ありがとうございました。スマスタで勉強習慣が身についたことにより、休みの日でも机に向かうのが習慣となったことが大きな変化でした。これからの高校生活も大変だと思いますが、スマスタで教わったことを今後に活かしてくれれば大丈夫と思っております。大変感謝しております。ありがとうございました。

母より

⬅︎卒業生の声-17-